音楽

椎名林檎の代表作と年齢

椎名林檎 1978 −

経歴

椎名林檎は、日本のシンガーソングライター。ロックバンド東京事変のボーカル。1978年、埼玉に生まれ、静岡、福岡で育つ。中学時代にバンド結成も数度の演奏で解散。高校で軽音楽部に入部。複数バンドを掛け持ちしながら、徐々に自作の曲を作るように。

高校を中退し、フリーター生活をしながら、音楽コンテスト「MUSIC QUEST JAPAN FINAL」にソロで出場、『ここでキスして』で優秀賞を受賞。この大会を機にレーベルと契約し、1998年、椎名林檎19歳のときに『幸福論』でデビューする。

代表作と年齢

題名 発表年 年齢
歌舞伎町の女王 1998年 19歳
本能 1999年 20歳
群青日和(東京事変) 2004年 25歳
NIPPON 2014年 35歳
歌舞伎町の女王
1998年 19歳

椎名林檎『歌舞伎町の女王』は、2枚目のシングル。タイトルは風俗街で有名な新宿歌舞伎町に由来。

上京したばかりの頃上野のレコードショップでアルバイト中に「君なら女王様になれる」と水商売のスカウトマンに声をかけられたことがきっかけで着想。椎名林檎の代表曲。

作詞、作曲、椎名林檎。編曲、亀田誠治。

 

本能
1999年 20歳

椎名林檎『本能』は、デビューから4枚目のシングル。PVでナース姿のコスプレをした椎名林檎がガラスを叩き割るシーンが話題に。

作詞、作曲、椎名林檎。編曲、亀田誠治。

 

群青日和(東京事変)
2004年 25歳

当時音楽活動を継続するモチベーションが見出せず引退も考えるほどだった椎名林檎が、心機一転を図るために組んだバンド東京事変のデビュー曲『群青日和ぐんじょうびより』。

作詞、椎名林檎。作曲、H是都M。

 

NIPPON
2014年 35歳

椎名林檎『NIPPON』は、14枚目のシングル曲。アップテンポな曲調と鼓舞する歌詞で、NHKの2014年〜2016年のサッカーテーマソングに起用。

作詞、作曲、椎名林檎。